Notice: Undefined index: closed in /home/users/2/oops.jp-boo/web/xpe_t18/b1b8s/disp.php on line 10

投稿記事 (公開9294)
【9294】Re:Re:Re:Re:長屋山から
  一覧に戻る
投稿者故さとは‥‥
投稿日時2022年6月18日 20:19:59
ふるさとは、遠きにありて‥‥
歩んで来た時間と場所が‥‥
今は終のすみかが‥‥
最後のふるさと、になっている‥‥‥
【9295】Re:Re:Re:Re:Re:長屋山から
  一覧に戻る
投稿者住めば都
投稿日時2022年6月18日 23:02:21
私は結婚してから9回の引っ越しをしました。

住んだ処は故郷になってるのだと思えば、
故郷が沢山あるって楽しいですね
【9304】Re:Re:Re:Re:Re:Re:長屋山から
  一覧に戻る
投稿者懐かし風土、風光
投稿日時2022年6月24日 16:55:40
確か同期生が指宿、開聞町にもいましたね
友が帰鹿すると薩摩半島のすん南くじらを廻りました
ほとんど市町村広域合併前の地名の記憶です
南国の自然を満喫しながら、街の歴史、文学碑(梅崎春生、谷崎潤一郎、川田順等)
に出会えます。坊津路、神話の笠沙路(宮の山笠沙宮陵跡)
磯間嶽の岩稜を攀じ登り、這い上がり、怖怖降りたり上った崖の絶壁端……
高崎山展望所から野間岳頂上との間の中腹の縦走野原路からの吹上浜は絶景
山中の石垣廃墟、段々畑は過ぎ去った日々の証、このすんくじらの隘路は
かなり道がり、今また笠沙トンネルと高架橋が結ばれようとしています
卒業してから途絶えた級友、還暦同期会から再開した旧交、人生いろいろです

春の野間つつじ(屋久島では桜ツツジ)


野間池、野間半島(野間岳頂上)


笠沙沙門


さつま野菊(秋)


夕陽の火の神(枕崎)

【9306】Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:長屋山から
  一覧に戻る
投稿者地名
投稿日時2022年6月26日 1:23:58
地頭所、唐仁原、万世は加世田にある地名
路に、街に、町の成り立ちに暮らしのソレゾレの歴史がある
頴娃は、地元の人以外はなかなか読めない地名、
ここ出身のふるさと自慢の娘さんが
内の界隈では「焼酎」のことは
英語ならぬ頴娃語で「サツマブランデー」と呼ぶんだ、と
のたまっていた。万之瀬川河畔筏遊びの遠い記憶である
【9308】Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:長屋山から
  一覧に戻る
投稿者開聞岳
投稿日時2022年6月28日 8:39:20
南薩の山々、里ばかりでなく、晴天の日には
霧島連山から鹿児島市、大隅半島から眺めら
れる薩摩富士。いろいろな形、仲間と登った、
ふるさとの山、開聞岳……以外ときつさと達成感、
四季折々、朝昼夕と、それぞれの風情……がある。

霧島山から


桜島袴腰港の上に


大隅からの夕陽


朝焼けの番所鼻


七合目から頴娃方面


開聞岳頂上から池田湖、桜島


開聞さつき

【9309】Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:長屋山から
  一覧に戻る
投稿者意外
投稿日時2022年6月29日 8:27:29
朝な夕なに桜島はどこからでも眺めている気がします
が、長崎鼻界隈からの開聞岳だけではないのですね
ということは条件さえ良ければ霧島の山々、金峰山も
各所から朝焼け夕焼け、ふるさとの山を眺めているような